技術的特異点

単に〈シンギュラリティ〉ということもあります。

広い意味では、技術進化のために未来の予測不能の度合いが急激に高まるような事態であり、イメージとしては物理的な特異点が生じる〈事象の地平〉の向こう側を知ることができないということになぞらえた用語(cf. ヴァーナー・ヴィンジ)かと思われます(事象の地平と特異点を混同しているかもしれません)。

人工知能との関係については、
 「人工知能がより高い知能を持つ人工物を自ら創造できるようになることによる(予測不可能な)事態」、
「人工知能が十分な汎用性を獲得し、より高い知能を持つ人工物を自ら創造できるようになる時点」など
定義については諸説ありますが、「知能爆発(intelligence explosion)」という事態(概念)と強い関連があります。

詳しくは Wikipedia の記事などを参照ください
Comments